近年増加しているアルバイター

近年増加しているアルバイター

近年増加しているアルバイター

フリーターという単語は、皆さん耳馴染みの言葉だと思います。
フリーターとは定職に就かず、アルバイトだけで生活をしている人の事を指します。
不況が続く現在、就職が出来ずにアルバイトで生活を続ける人も増えていますが、他の理由からもフリーターは増えているようです。
現代の若者の中で良く聞く意見は、特にやりたい仕事も無く、一つの企業に正社員として就職するよりは、時間を自由に使えるアルバイトの方がやりたいことが見つけられる。
アルバイトの中でも派遣社員は自分の好きな日に仕事が入れられるため、働きたい時に働きたいだけ働ける。
また、福利厚生はないもののアルバイトの掛け持ちのほうが収入が増えると言う人も少なくありません。
ブラック企業、サービス残業などという言葉も良く目にする時代で、時給、つまり、働いた分だけ給料を貰えるアルバイトとは違い、社員になると残業代が一定額しか出ずに、月々で決められた残業時間を超えてしまうとサービス残業扱いになり残業代が出ない、または、役職手当で固定給が上がる代わりに、残業代は出さない、などといった、いわゆるブラックな会社も多いようです。
給料も正社員だから多くもらえるというものでもなく、サービス残業や休日出勤などを考えると、アルバイトの方が効率良くお金を稼げると言う考えの若者が増えるのも仕方がないのかもしれません。
ただし、アルバイトの場合は年に一度の確定申告は自分でやらなければなりませんし、アルバイトで社会保険に加入できる会社は一握りですので、国民保険を自分でしっかりと払っていかなければなりません。
また年金も国民年金ですので、月々自分で収める必要があります。
福利厚生のしっかりとした会社に正社員として入社すれば、厚生年金で給料から天引きされるので、未払いは防ぐことが出来ます。
それでも趣味の時間を大事にしたい人や、将来大きな夢をかなえるためにアルバイトをしながら生活をして、夢の為に使う時間やお金を重視する人が多いようですね。
そう言う人は、登録型派遣がもっとも簡単だと言えるでしょう。
登録型派遣は派遣サイトに登録をしておき、その会社からくる様々な求人から都合の良い日時で仕事を選ぶことが出来ます。
イベントスタッフなどが良い例で、イベントがある日、会場整理や荷物検査などで必要な人材を派遣として募ります。
未経験者歓迎のアルバイトが多いのも始めやすいひとつの理由でしょう。
アルバイトの種類は沢山ありますが、どんな仕事をするにも、必要最低限のルールやマナーは守りたいですね。